剣道

今日の試合詳細

本日の上川管内段別剣道大会の私から見た状態を書きましょう。
今大会で3度目のチャレンジです。三度目にして遂に今日はシードでした。
最初の相手を見ることができる有利な状況をゲット
最初の相手もどちらも知っている先生で、どちらが来てもいやーな感じです。
一回戦というのは、相手を知っていても嫌ですが知らないよりずっと楽なのです。相手のある程度の動きを観察することができるわけです。
最初の相手は、去年もあたった先生で、日頃仲良くしていただいてる先生です。市民大会では一緒に戦った先生です。
これまた試練の試合です。体が動かなーい、とぼやきたくなるほど動きません。なんかんだで止めがかかり足元をみるとしっかり場外に出てました。
場外に出るということは、そもそも下がっていると言うことで、攻めが弱いということです。
立て直さなくてはとかなりき気合いを入れ直し、もう一度攻めの気持ちを呼び戻すことに成功。いいコテを取ることができ、少し余裕も出てきました。私の志している手首の柔らかい剣道に近くなり、面を取ることもできました。
無事一回戦も勝ち上がり、いよいよ次の相手が問題なのです。
前回三位四位決定戦で、辛くも勝つことができたHくんと、元のHくんの上官だそうです。どちらが来ても厳しい戦いです。
接戦の末、私の中では去年のHくんより上官のAさんの方がありがたいなーと考えていました。
一本じAさんが先取、おーっとそのままそのまま、と思いきや、Hくんの逆胴(右胴)が決まりイイブン。
マジどっちが来るんだという中、上官の一本が決まり、私の準決勝の相手がAさんに決定しました。
少しホッとしながらも実はこの先生は引いて戦う感じに見えました。前回も書いたように、引いて攻められる相手はもっとも苦手にしているのです。
詰めの甘さで必ずやられることが多いのです。
さて試合になりました、早々に一本いい面を取ることが出来、このまま粘れば一本勝ちもいけるかなーと思いきやあっという間に胴をとられてしまいました。Hくんの時も確か胴を一本とっていたのに私にとってはうかつすぎる。
その以前に勝ちを意識するのが早すぎました。心のスキに取られた胴でした。後でビデオで確認してみると、小手、胴の二段技だったんですね。
見事にやられました。自分の視界じゃら消えて行ったのと、自分が何故面に行ったかもわからず打たれていたので、状況が良くわかりませんでしたが、完全につられてました。上手に面に誘導されていたということです。さすがだなーとものすごく勉強になりました。さらに延長に入ってから最後に面を取られたのですが、その面も左に開かれて打たれた面でした。
技ありの二本でした。私に足りない技を二本取られものすごく勉強になった一戦でした。
そういう流れで三位四位決定戦にい行くことになったのですがここからがまたひと騒動です。
なんとど道場のいつも稽古している先生との試合になってしまいました。この心の動きは次回に書きましょう。
まずは3位を取ることができたのが今日のうれしいことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA