未分類

尊敬するN先生に3センチの間合いを教えていただきました。

前回の練習で時間切れのため、稽古をすることができなかったN先生に、今日は稽古をしていただきました。
N先生は、私より20歳くらい上の先生ですが、今だに元気いっぱいで、試合をしても試合巧者の先生です。さすが、小技や大技、捨て切った面、オールランドに早いのです。
私も精魂込めて、稽古をお願いし、合い面なども狙っては見るものやはり当たりません。何本か惜しいのがあるのですが、今ひとつ短いのです。そんな稽古をしている時に、先生が「あと3センチ間合いを詰めることが大切だよ、その3センチの攻防を大切にしなさい。」
3センチですよ(^^;;でも考えると、私にもその3センチの攻防がわかってくれると思ってのお話で、少しは認めてもらえてるのかなと嬉しくなりました。
事実わかるような気がします。さらに言うと、そのさ3センチを詰める大変なこともわかってきました。そのたった3センチの間合いを詰める勇気と、判断にまだ何年かかかりそうです。
ふかいなー
N先生ありがとうございました。3センチを詰め切れるよう尚一層稽古しなくては。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA