クリーニング

昨日のHBCテレビでのシミ抜きの取り上げ方はよかったですねー

何気無くカーナビのTVを見ていると、シミ抜きをしている画像が・・・
おーっとよく見ると、いらず流のシミ抜きらしい。
普通のクリーニングを扱うTVの場合はこれで終了のところ、
次は私が以前所属して学んだことのあるみけし洗いのお店が・・・・
私の先輩が誇らしげにシミ抜きを語ってくれました。さすが1番正しい気もしますが。
その後も別なしみ抜きのお店が出て、それぞれの染み抜きをしている状況をオンエアーしてくれました。
どのシミ抜きも結局基本は同じ。それを知ってるか知っていないかでまったく変わってくるわけですね。
大手さんでも、工場の中では最低限のクリーニングの勉強はしていますが、それが受付まで届くか届かないかで大手さんでも良い悪いが出てきてしまいます。
我々のような小さいお店は、その点、工場直結のお店が多いので行き届くわけです。店主がの知識がそのまま受付に反映しやすいところは、大手さんよりいいのかなー
先日びっくりする話をお客様から相談されました。ある受付で、ポリエステルは熱に弱いのでシミ抜きできないと言われたそうです。ポリエステルが溶けるほどの熱をかけてシミ抜きする店ってどんな店なんだろーと(笑)
どどんな化学繊維もシミ抜き出来ない店なんですね
こんな感じで受付が素人のお店もたくさんあるということですかねー
皆さんもそ何かの時に信頼できるクリーニング店を一件でも持っていることをお勧めします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA