剣道

本日は私の道場の練習日、初心者に教えられます。

私の道場には、現在成人した初心者が4名、子供が1名、そしてもうすぐ防具をつける子供が1名います。
剣道に復帰して3年ほどになりますが、その他今防具をつけている子が2名います。
その人たちを教えることで自分がとても勉強になっているのです。
私も幼少から色々な先生の教えを受け、色々な練習をしてきましたが、その練習の意味や、剣道の形、なぜそうなるのか、
あまり考えず、言われるがまま練習してきましたが、教えることで再確認できるのです。
何故この練習なのか、何故その形なのか、しっかり教えていかないと、全く初めての人には伝わらないのですね。
礼の仕方も、構えの姿勢も、しっかりとしたものを伝えるため自分もやり直すわけなんですね。
上段者にご指導を受けると同じくらい色々なことを初心者から学ぶことができるのです。
ありがたいことですね、
よく「打って反省、打たれて感謝」と言われてますが、私の場合は「乞うて反省、教えて感謝」と言ったことでしょうか。
今の初心者達が、防具をつけて立ち会えるようになる頃、私も更に上達できるように頑張らないと(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA