剣道

昨日は上川管内の剣道練成大会でしたが普段知らなかった大先輩の素晴らしさを感じた

昨日は上川管内の練成大会で、午前中は北海道から派遣された大先生のご指導、そして午後からは上川管内対旭川の対抗試合が行われました。
例年、二十数人対二十数人の対抗戦で行われ、なんと旭川の現在6連敗中。更に結果をいうと7連敗してしまいました。
そこには普段あまり見ることのないご御高齢の先輩や高段位の先輩達の熱い戦いもありました。中でもいつものニコニコとても優しい先生のO先生の試合で、実は稽古も私はなかなかしたこともなく、立会の姿も今日が初めて拝見させていただき。
凄かった。あの風貌とは天と地の違いの激しい剣道で、立ち姿や、気迫、自然な状況から出る技の切れ
先生が私はこういう剣道をする方とは思ってもいませんでした。
後にお聞きした話だと、元警察だったと聞き二度びっくり
武道はこれでなくてはいけませんね。通常は自然で、いざ試合となると凛とする。
またひとり私の師とする先生が増えました。
機会があれば稽古をお願いしようとおもいます。
その他にも高段者の手の内の素晴らしさを存分に感じ更に稽古をしなくてはと思わされた一日でした。
道から派遣された先生の稽古も素晴らしかったことはまた次の機会に・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA