剣道

昨日の試合を終え、心の動きを大暴露

表題ほどのことではありませんが、昨日の試合を終え、3位という快挙を達成できた私の思いを少し書いておこうと思い、ここにしたためます。
今回の試合は、私が剣道に復帰して最初に、去年のこの時期出場した試合でした。
今回実は本当に勝ちたい理由がありました。
その一つの理由が、私の教えている道場の子供達の為です。指導して行く上で、何の実績もなく2年前に復帰した私の指導が本当に信頼できるものなのかを子供達に確かな実績を残すことで、少しでも理解して欲しいと思ったからです。
「言うとおりのことをしても結果が出ないなら別にいいか」と思われることが不安だったのでした。
もう一つの理由は、実は先日剣道の友人が亡くなりました。最初に出た試合で、最初に負けを頂いた友人でした。
一年後にはもう一度勝負をしたいと、思っていた矢先のことでした。この大会でこの階級での負けはその友人以外はもう負けないよう頑張ろうと思ってました。残念ながら今回は一度負けてしまいましたが。ひょっとして彼がいると私は3位には入れなかったかもしれませんね。
さて、試合当日、会場にその思いを持ちながら到着。組み合わせ表を見て、今までの勝ちたい気持ちが一気になくなってしまいました。組み合わせの一回戦の相手は、兼ねてから合同練習の会場で、練習を見ながら凄いなーと思って見ている選手が何人かいる中の一人。今回も一回戦では絶対無理と感じていた人でした。
更には試合前にウォーミングアップの迫力。一気に今まで持ち続けていた勝ちたいという気持ちから、何時に帰るかなーという超弱気な発想になっていました。
そうこうしているうちにもう一回戦の時間が・・・・・・長いのので続編に
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA