剣道

今日はブログもう一丁、剣道の我が道場のことを考えた

 最近、私の通っている道場に近しい別の道場で練習をする機会がありました。

そこは、
私の道場の5倍くらいの練習している子供達がいます。そこからはたまに私の道場に練習にきている子達がいますが、その子達の練習方と私の道場の練習のギャップを私も練習に行くようになって考え始めるようになってきました。
たしかに私の道場は綺麗な剣道をおしえようとしています。また、もう一つの道場は強い剣道です。私の考えでは綺麗な先に強い剣道があるとずーっと考えていますが、強い剣道を学んでいる子はすでにそこは終了しているのか?もしくはそこは簡単に終わらせてすぐ強い剣道を習っているのか?
きっとこの綺麗な剣道を追求するのは逆で強い剣道をすると自然に綺麗な剣道になるのか?
この辺の答えが二つの道場を見るだけでは少し悩んできました。
子供達を強くさせたいという目標は同じではあるのですがどちらで自分は習ってきたか、
だんだんわからなくなってきたわけです。
最終的には練習量なのかなーとも感じてしまいますが、そう考えると私の道場は圧倒的に練習量が少ないと感じます。これでいいのかなー?練習量の問題は子供達の父兄との絡みもあるし
しかし、目標はやっぱり自分の道場の子が笑顔で表彰台にいることかな
いろいろ考えながら、
これからも子供達を教えてそして教えられようとおもいます。
何かよくわからないブログになってしまった。
旭川クリーニング
有限会社丸み酒井クリーニング
さかい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA