剣道

やっぱり今日は昨日の剣道の分析。楽しい緊張感でした

 今日はやっぱり昨日の剣道個人戦の惨敗の反省かな

昨日の試合を冷静に振り返るとやはり集中力不足と、勝ちたいと思う気持ちの欠如、極度の緊張感、そして試合相手の背負っているものと私の背負っていたものの若干の違いかなー。
こう並べてみると闘いの前に勝負が決まっていましたね。
でも久しぶりに極度の緊張感を味わいながら戦うことができました。この感触こそ私が最近求めていたものなんでしょう。
通常のスポーツでは味わえないましてゴルフでもこの感触はありません。
極度の緊張感の中で殺るかやられるかの武士の戦いですね。
結果的に私は戦国時代ならもうこの世にいないわけです。この緊張感。凄いですね。
相手の背負っているものはものすごい沢山のサークル仲間たちだったようです。そのおそらく部長さんでしょうか?戦国時代に例えると大名ですよね。一方私は年老いた浪人という感じかな?
この差は大きかったような気がします。しかし、こんなことばかり言ってられません。
今週末、大きな大会でまたワクワクするような闘いが待っているのです。今度は旭川を背負った闘いですね、相手もおそらく街を背負ってくるでしょう。やるかやられるかの闘いが始まるのです。
今度は私も大きなものを背負ってチームのために戦いたいとおもいます。
集中力を高めて最高のパフォーマンスを見せたいですね。
因みに昨日の試合の団体戦は背負うものがあったのでまあまあのパフォーマンスを魅せることができました。やはり何かを背負うと強いんですよね。
今週末の結果はまたお楽しみに。
クリーニング旭川
有限会社丸み酒井クリーニング
酒井ゆうじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA