剣道

やっぱり異次元の剣道の先生ネタしかないね

 先日、上川地区の剣道講習会があり、札幌から古川先生がいらっしゃいました。

私が小学校の赤胴大会に出場した時に札幌で世界大会があり、その時の2位の先生です。
天の上の存在で私たちの憧れの先生です。実は間近で剣道を見るのは初めてでした。
その先生が直接ご指導いただけるということでワクワク度絶好調でした。
ある程度の稽古の後、先生も防具を着け、6段以上の先生達と稽古をされるということになり、私は残念ながら見取稽古です。
凄かったですねー。普段あまり叩かれない先生達が、バタバタと叩かれ、突かれ、転ばされております。
一見私の恩師の先生のような柔らかい立ち姿で、そこから一気に厳しい技を出す。しかも切れてるというのが表現できるギリギリの言葉ですね。
どのような稽古を歩むとあのようなキレのある技が出せるんでしょうか。只々唖然として見ておりました。
後に先生のプロフィールを見ると57歳くらいでしょうか。それを見た時私がその年まであと10年です。まだまだ10年後でも動くことができるわけです。
足元にも及ばないですがその年まで先生の残像を追いつつ私も稽古を頑張ろうと決心させられました。
因みに本日早速先生の市販されている本を購入してしまいました。
がばるぞーーーー
丸み酒井クリーニング
酒井祐司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA