剣道

昨日の剣道の練習でつかんだこと

 昨日は私の道場での練習でした。

久しぶりに来た若手の先生と練習をさせてもらいふとした事に気づいたので書いておこうと思います。
現役バリバリの頃は実は小手という技に自信を持っておりました。しかし、去年復活して以来どうしても小手が決まらず、なぜ?なぜ⁇状態
練習中ふとした拍子に低い体制から技を出してみるとあら不思議、昔の感じがよみがえってきました。
なるほど、私の剣道は中学3年生がピークであとは横ばいで今まできております。
その頃は私は身長が低い方で、高校の時に背が伸びました。
ということで上背のある相手と立会う場面がとても多かったわけです。
そりゃー低いところからの小手も決まるわけですね。今それをすると大勢的に格好悪いのでこれからはポイントを少し低くした技に取り組んでみなくてはいけませんね。
昔はよく小手を打った後、面を取られていたのもそのせいでした。
背の高い人には美味しい面ですよね
剣道をしない人にはつまらないブログになってしまいましたが、現役バリバリの頃に比べて体力も落ちたりと嘆いていましたが身長は伸びてるということです。知らず知らずのうちにとしはとってしまうということです。
体調管理も気をつけないといけませんね。
旭川クリーニング
有限会社丸み酒井クリーニング
酒井祐司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA