未分類

もう一つ別なテーマでよさこい北海道

 今日から札幌ではよさこい北海道が始まりました。
学生が起こし、大きなお祭りに成長した札幌中心のお祭りです。
ただ私は初期のお祭りと現在のおまつりをくらべると今のお祭りはあまり好きではありません
これは最近思うに審査をする人の問題だと考えます。
ただのダンスコンテスト化してしまったようなイメージがありブロードウエーのダンサーのような素人が
踊りを競っているとしか見えないからです。
昔は日本の味や粋なところがたくさんあったこのお祭りでしたが今ではホントにダンス甲子園といった感じです
さらには集団行動の中でモラルが低下してたり団結力という名のもとにいろんな場所を占拠して私たちの仲間以外は近寄らないでという変な優越感に支配されているのが現状です。
私の考えるよさこいはそんなものではなくコンテストはよいのですが、もっと日本人らしさや伝統をちりばめた粋なお祭りにしてほしいと考えます。
精神は持ちながらそれを現代風にして楽しむという理念を持ってほしい気がします。
私は最近耐えられないので見に行くのもやめました。
こんな私のように感じている人も結構いるのが事実ではないでしょうか。
愚痴っぽくなりましたのでこんな感じでやめときましょう。
酒井クリーニングの社長のつぶやきでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA