未分類

旭山動物園でオオカミの赤ちゃんができました

 先日旭山動物園でオオカミの赤ちゃんが生まれたそうです
オオカミの森といえば旭山動物園ではエゾシカの隣にあえて創ってあります。
そう、昔の北海道の自然のピラミッドを再現し、オオカミがピラミッドの頂点にいた時代があったのです
いま、鹿が多すぎてハンターたちが一生懸命駆除していますがそれは頂点のオオカミがいなくなったことににも原因があるわけです。
その話をかなり昔に聞いた時からオオカミを山に放して昔のピラミッドを回復できると、クマも数は減るし
それに伴ってしかも減り最終的には人間の作物への被害がなくなるという説を私は賛成してました。
しかし良く考えてみると、クマは人間を避ける傾向にありますが、もしオオカミが野生にいると集団で実は人間も襲われる可能性があるのではないでしょうか。
クマは逃げ切れそうですがオオカミからは逃げられませんよね。
オオカミが絶滅していったのは実は人間にもかなり危険な動物なんではないのかなーと考えるようになりました。
今のままがいいのかなー
何はともあれオオカミの森は私の一番好きな行動展示であることには変わりませんが・・・・
でも、イチバン有害な動物は我々人間かもしれませんね。
酒井クリーニングの社長の考えでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA