クリーニング

クリーニング屋さんに持っていくのは水の節水にかなり協力できるんです

 以前一度お話したことのある話ですがドライクリーニングと洗濯機でのご家庭の洗濯の違いを知っていますか?
原油が値上がりし石油製品がどんどん値上がりしていくという状況で、水で洗うことが重視されてきそうな気配です。
そこで私たちのドライクリーニングと皆さんの家庭でのクリーニングの違いを今一度説明しておきたいと思います。
ドライクリーニングというのは水を使わない洗い方なのです。
内を使うかというと、石油に似たものを使います。トイレットペーパーをその溶液に入れて思いきり混ぜても乾燥させるとまたトイレットペーパーとして使えるくらい生地に負担のかからないものであります。
一方水は市販のドライクリーニンングマークを洗える洗剤を入れたとしてもそうはいきませんね。
また、決定的な違いは油系の汚れの絶対的な洗浄力にあります。よくクリーニングに出したあとで家庭用の洗濯機で洗ったほうがきれいになったなんて言う方がいらっしゃいますがもしそうであるならば油系の汚れが落ちてるわけですからその可能性はあるわけですね。
おそらく最初から家庭用の洗濯機で洗ってもそうはいかないはずです。
水とは全然違う性質を持っているものなのです。それゆえ捨てることはできません循環させて蒸留しながら使っていきます。水の場合は捨ててしまいますが節水を考えるとものすごい節約なのです
この時期そろそろ冬に着たものを衣替えをしたいと考えている方は自分でするのもよいですが是非クリーニング店をお使いください。知らず知らずのうちに水の節約にもつながっていくのです。
これからはますますエコな時代になりますがクリーニングに出すこともエコだということをどこかにおいておいてください。
旭川のクリーニング 丸み酒井クリーニング 社長の独り言でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA