クリーニング

和服の季節です。または着物の季節です。お手入れのワンポイント

 こんにちは
お正月に日本の着物はお召しになりましたか。
さらには成人式を10日には控えておりますね。最近はレンタルする方も多いと聞いております。
みなさんは着物は一度着ると洗ってしまわなくてはならないと考える派でしょうか。
昔の日本人はよく考えていて、洗う必要はないんですね。
むしろ最近のクリーニングでよく丸洗いとか京荒いとかいってそのまま洗うのが主流になってきていますが、
例外になく弊社も同じです。
しかし簡単なアドバイスとしては襟と足の周りそして袖口のお手入れをしてしまうだけで和服は十分なんですね。
何回もお召しになった後は一度くらい洗ったほうが気持ちもすっきりしますが、一回や二回来ただけで洗うのはむしろ」着物に良くないんですね
シルクの持っている独特の油分がだんだんなくなってしまいパサついた感じになってきます。
それは何度も洗った後の話ではありますが、少しづづそういうことが起こってくるわけです。
理屈は革製品と同じですね。
今のクリーニングのドライクリーニングというのは以前もブログで紹介しましたが、油性の汚れを落とす強力なパワーを持っているわけです。ですから着物も革製品も余分に油分をとる可能性があるということです。
ですから先にお話ししたことが起こってくるということなんですね。
1月は着物を着る機会が多いと思いますが何度か着た後は弊社でお手入れをして来年に是非ソアえてください。
着物のキャンペーンンを11日から行いたいと考えております。
ネットからだけの特典ですのでこの機会にどうぞご利用してみてください。
詳細は今日か明日のツイッターやブログで発表しますね。
旭川はめちゃくちゃ雪です。やっと冬らしくなってきました
是非旭川の冬を和服で楽しみましょう
旭川のクリーニング 酒井クリーニングの酒井祐司でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA